テレビ塔のある公園の夕暮れ時を音楽で彩る『DJ Sal presents "SOCIAL TRUCK & MUSIC"』 | SOCIAL TOWER MARKET - 名古屋テレビ塔のあるまちに新しいかたちの社交場を    
NEWS
2020年10月20日
テレビ塔のある公園の夕暮れ時を音楽で彩る『DJ Sal presents ”SOCIAL TRUCK & MUSIC”』
FEATURES

DJ Sal presents
“SOCIAL TRUCK & MUSIC”

テレビ塔のある公園の夕暮れ時を音楽で彩ります

SOCIAL TRUCK & PARKSをDJブースに、アナログ感やヴィンテージ感にこだわった選曲をするDJの方々に、「踊る」というより「聴く」ことを楽しむゆったりとした空間を演出していただきます。
当日はYouTubeでの同時配信も行います。
秋の夕暮れの色の変化を楽しみながら、素敵な音楽と共にのんびりお過ごしください。

——————
10/24(sat) 
15:00-19:30
DJ’s:
WADA MAMBO (CaSSETTE CON-LOS)
SHOCHANG (HIGHLIFE HEAVEN)
Sal (CHANT DOWN BABYLON)
——————
10/31(sat)
15:00-19:30
DJ’s:
馬場正道
YANOMIX (OBRIGARRD)
Sal (CHANT DOWN BABYLON)
——————

●10月24日(土)

WADA MAMBO (CaSSETTE CON-LOS)
カリプソ狂。結成20年を迎えるライヴバンド、カセットコンロスを率いるギタリスト/シンガー。ソロ活動ではWADA MAMBO名義でもアルバムをリリース。チャック・ベリー〜ブルース〜ジャンプ&ジャイヴ経由カリプソに辿り着く。チャチャチャなどのラテンものからカリブ全域、南米、アフリカまで周期的にマイブームが訪れる。BLUES & SOUL誌の連載ほか、音楽についての執筆業も。ネコは、白♂白♀黒♀。横浜で平和に穏やかに暮らしている。
http://wadamambo.com
http://con-los.com


SHOCHANG (HIGHLIFE HEAVEN)
パンク/ハードコア畑で育ち、ザ・クラッシュ経由でスカ、ロックステディ、レゲエに傾倒。紆余曲折を経て、いつの間にやらハイライフのクレイズに。以降、60年代から80年代初期周辺までのハイライフとフレンチ・カリビアンなどを中心に、たとえ今はポピュラーでなくとも、選曲と繋ぎようによっては誰もがハイライフで踊ることができるはず、と密かに思いながら様々な現場で宣伝活動中。

●10月31日(土)

馬場正道
渉猟家。鷹の台「KIKI RECORD」代表。池袋2丁目スナック「馬場」店主。池袋2丁目72-6光洋ビル1F。


YANOMIX (OBRIGARRD)
1990年代よりDJを始める。レコード屋で働き、その後自身もレコード屋をやりつつも、現在はヒップホップ、ラテン、アフロ、クンビアのレコードを使い、オリジナルグルーヴを披露している。最強音術師HAZUとの〈OBRIGARRD〉は俄然活動中で、最近はTRAP/JUKE専科の〈DJ BUTTHEAD〉名義での活動も多く、音楽の中で遊泳サバイブする貴重な男のひとり。レーベル/屋台「mobile disco」主宰。

●10月24日(土)・31日(土) ※両日共通

Sal (CHANT DOWN BABYLON)

スカ、ロックステディ、70’Sレゲエといったヴィンテージ・レゲエから、カリプソ、ラテン、ブルース、ジャズなど様々なジャンルをカバーする。独自のセンスで融合するアーシーでトロピカルなプレイスタイルを持つその選曲は、鮮烈なメロディと魅惑的なリズムで聴くものをとらえて放さない。名古屋クラブブッダでの「CHANT DOWN BABYLON」のレギュラーDJの他、昨年は英国スカ界のフィクサーGAZ MAYALLとの共演、名古屋クラブクアトロ30周年記念企画「NEW DIRECTION」前夜祭のディレクションを務めた。

SHARE