NEWS
2018年09月12日
ENTERTAINMENT
SHOPS

【プロフィール(自己紹介)】
 天然水の訪問販売に失敗したマツオは、逃げるように訪れた西海岸の外れで、仏壇をインテリアとして 販売していたカズミに出会う。その無謀な生き方に惹かれたマツオはカズミにあるアイデアを持ちかける。先の見えない生き方をしてきた二人が選びとったラストリゾート。それは妄想のミュージアムを作り出すことだった。呼吸から排便に至るまで、行動の一切を同調させた生活を続けることで、二人は妄想の共有化に成功し、妄想のミュージアムは二人の世界に確かに存在する空間となった。そしてミュージアムに存在するギフトショップだけを現実との接点として具現化し、二人が愛した作品を販売することにした。二人はギフトショップを高らかに喧伝し、妄想は強化されていった。二人の妄想にあてられて異能の集団が形成されつつあることに気づいた時、エンターテイメントという名の劇薬は、彼らを取巻く空間そのものにキマり始めていた。

【ホームページ・facebookページなどがあればURLを教えてください。】
 http://entraim.thebase.in/

【Q1. 今回のMARKETでは、どんなものを販売していただけますか?意気込みなども教えてください。】
 架空のミュージアムショップならではの、オリジナルTシャツやパーカー、キャップなどのグッズから、セレクトしたアーティストによる、zineやグッズなどを取り揃え、親愛なる名古屋の皆様に、犬が飼い主にお腹を見せるスタンスでお待ちしております。

【Q2.新しくなるテレビ塔のある久屋大通公園北エリアに期待することはありますか?】
 特になし

SHARE