タイムテーブル発表!

大変お待たせしました!
 
SOCIAL TOWER MARKET 2013のステージタイムテーブルを発表します。
この他にもステージでは、トークショーやイベントなどを開催します。
詳細は後日発表します。テレビ塔の下でみんなで盛り上がりましょう!
 
■10月19日(土)
 
11:10〜11:40
Landscape Music Design
 
12:30〜13:00
MASH
 
14:00〜14:40
DJ YANOMI
 
14:50〜15:30
THE KEYS
 

15:40〜16:20
Keishi Tanaka

 
■10月20日(日)
 
11:10〜11:40
Landscape Music Design
 
12:30〜13:10
QUATTRO
 
14:10〜14:50
ロベルト杉浦
 
14:50〜15:30
DJ FUMITAKA
 
15:40〜16:20
チャラン・ポ・ランタン

| 2013年10月16日 | MUSIC LINEUP_2013 |

QUATTRO

QUATTRO
 
 
 
高校卒業後、岩本と潮田が「QUATTRO」を結成。岩本がイギリスに留学したため一時活動を停止していたが、帰国後、活動を再開する。
 
2004年
4月にレコーディングを終了。同年7月7日にデビュー・マキシシングル『Calm before the dawn』をリリース。
 
2005年
FUJI ROCK FESTIVAL’05 ROOKIE A GO-GO出演。同年11月にはフル・アルバム『QUATTRO』をリリース。
 
2006年
LilBalletへ移籍 メンバーの脱退、加入を経て活動を開始。
 
2007年
ミニ・アルバム『13/07/2007』を会場限定で発売。
 
2008年
クーラ・シェイカーの来日公演でオープニングアクト出演。同年11月にはフル・アルバム『Square The Circle』をリリース。
 
2009年
フィーダーの来日公演でオープニングアクト出演。同年にオアシスの東京公演でオープニングアクト出演。恵比寿リキッドルームにて行われた「Kings vol.2」がSOLD OUT。11月にはEP『For A Few Dollars More』をシリアル入りの限定盤でリリース。
 
2010年
4月にフル・アルバム『WHERE IS THE COCONUTS?…HA?』をリリース。5月から全国ツアーである「Shall we ココナッツ?」TOURを決行した。
メンバーの脱退を経て、潮田が再加入。
 
2011年
8月にNiw! Records移籍初の7inch『HEY/Oh Susanna』をリリース。
同月、THE BAWDIES、The Brixton Academy、PILLS EMPIRE、the telephones、
DJイベントFREE THROWの5バンドと3DJSの自主ライブイベント”KINGS”を
新木場コーストにて開催。
 
2012年
1月1日、濱田加入の元、現在の5人編成に。
ザ・クークスの来日公演でオープニングアクト出演。2月8日から、アルバム先行の4曲入りCDをTSUTAYA限定にてフリーレンタル開始。3月7日には約2年振りのフル・アルバム『4』がリリースされる。
F.O.U.R TOUR FINAL CLUB QUATTROは大盛況にて終了。
10月24日 新作MINI ALUBM 『Capital』をリリースする。
2012年二度目の全国ツアー
CITY OF F.O.U.R TOURも大盛況に終え、仙台、名古屋、大阪、
東京ではワンマン公演を敢行。
多彩な音楽ジャンルからなる幅広いSHOWで見るものを魅了した。
 
2013年
様々なジャンルのアーティストから誘いを受け活発なライブ活動をする中で、
彼らの目標でもあったFUJI ROCK FESTIVAL’13の出演が決定!
 
 
オフィシャルサイト:http://www.quattrotheband.jp/

| 2013年10月11日 | MUSIC LINEUP_2013 |

チャラン・ポ・ランタン

チャラン・ポ・ランタン
 
 
 
もも(Vo/妹/20歳)と小春(Accordion/姉/24歳)による姉妹ユニット。
’09年に2人の実家にて成り行きで結成。
’12年9月には、理由(わけ)あって約2年ぶりの新作アルバム
『つがいの歯車』を発表すると同時に、ももが20歳の誕生日を迎える
’13年4月9日までに3枚のアルバムをリリースという
自らの首をしめるムチャな公約をする。
 
ヒーヒー言いながらも前作から早3ヶ月
’12年12月にその第二弾となる”ほぼ”フルアルバム『たがいの鍵穴』を発表。
J-POPシーンから孤立無援な濃くて生々しい内容にも関わらず
両作品とも大型CDショップで違和感たっぷりにチャート上位に喰い込むなど
本人たちも「こんな音楽を好きなモノ好きがこんなにもいるのか…」と
呆れるほどのリアクションを得る。そして更に新曲を生みに生みだし
15曲40分のフルコース・アルバム『ふたえの螺旋』を4/10にリリース。
 
’12年6月にはZAZEN BOYS、group_inouらとのカナダツアーを大盛況に収めたり
台湾の大型フェスで”月に代わっておしおき事件”を引き起こすなど
海外での活動も多数。過去にはイギリスでPINK FLOYDの
デイビッド・ギルモアからのセッションの誘いを「なんか難しそうな曲だから…」
と断るというウソみたいなエピソードも持つ。
’12年に初出演ながら3ステージでライヴを披露した『FUJI ROCK FESTIVAL』
では物議を醸した”ラジオ頭”なる飛び道具も駆使し
辛口なフジロッカーから爆笑とベストアクトの評価を多数獲得。
 
などなど、「ライヴはセックス」と公言(by小春)し
日常生活も同然の3日に1度に及ぶライヴ活動でファンを増やす。
’13年3月にはアメリカで開催される超大型音楽フェス”SXSW”への
出演が決定している。海外では”オルタナティヴ・シャンソン”と称される
ファンタジーと狂気が仲良く手を繋いだ国籍・年代不明な世界観に
鮮やかな毒をどっぷりとぶちまけた”サーカス・ムジカ”にちょっとずつ注目が集っている。
 
 
オフィシャルサイト:http://charan-po-rantan.o0o0.jp/index.html

| 2013年10月11日 | MUSIC LINEUP_2013 |

ロベルト杉浦

ロベルト杉浦
 
 
 
ロベルト杉浦 ラテン歌手
大谷大学哲学科在学中、19歳でタンゴ歌手としてプロデビュー。
卒業と同時に単身アルゼンチンへ渡り、現地のミュージシャンらとコンサート・
ライブ・ラジオなどで歌う。大歌手ロベルト・ルフィーノに認められ、
ロベルトの名前を与えられる。ラテンアメリカ各地で演奏活動に参加。
プエルトリコに渡り、ダニー・リベーラに実力を認められ、
又 グラミー賞にノミネートされたトレス奏者のネルソン・ゴンザレスらと共に
コンサートツアーに参加。
2000年マイアミの会社と契約し、南米のスペイン語圏(ブラジルを除いて全土)
で放送され、1億人が観ていると言われているテレビ番組
「サバド・ヒガンデ」(偉大な土曜日)にレギュラー出演し知名度は南米中に広がる。
その功績をたたえられ、サバド・ヒガンデ賞を受賞。
2010年ビクターより「ダメウンベソ」(作詞阿木耀子)をリリース。
2012年キューバで開かれた、世界ボレロフェスティバルでは招待されて参加し、
コンサートの最後を締め括った。現在は、東京・名古屋・関西を中心に全国展開をすすめている。
 
 
オフィシャルサイト:http://roberto-sugiura.com/japanese/

| 2013年10月11日 | MUSIC LINEUP_2013 |

DJ FUMITAKA

DJ FUMITAKA
 
 
 
知る人ぞ知る、草分け的セレクター&コレクター。
カリビアン、アフリカン、リズム&ブルース、ジャズなど、
独自の感性で切り取った幅広い選曲で名古屋の夜を鮮やかに彩る。

| 2013年10月11日 | MUSIC LINEUP_2013 |

Landscape Music Design

landscapemusic

 
 
 

「音楽を使って空間をデザインする」をコンセプトにしたデザイン集団。
2009年よりKAGIWO、Takkii、MASA OTSUBO、NAOKIUSAMI を中心に活動を開始。
その音楽性は環境に溶け込む音を意識したアンビエント、
エレクトロニカが中心となり、これまでにアップルストア、
HMV、名古屋TV塔など様々な場所の空間を音楽でデザイン。
2010年に1st CDを発売し、2012年10月にはCD「Landscape Music vol.3」をリリース。
2013年11月6日、名古屋工業大学大学院伊藤孝紀研究室とのコラボレーション作品、
産学協同プロジェクト「テレビトウノオト」をリリース。

 
 

オフィシャルサイト:http://www.landscape-music.jp

| 2013年10月9日 | MUSIC LINEUP_2013 |

[DJ]YANOMI

yanomi
 
 
 
[DJ]YANOMI
90年中頃よりHIPHOPからBlack VIBESを受けその後、
カウンターカルチャーを受けながらダンスミュージックを経て、
現在、最狂音術師HAZUとのトライバルなダブル皿廻しスタイル、
OBRIGARRDを結成。OBRIとソロでのDJプレイ等で
毎週どこかの箱、野外でその独特なサウンドをドロップしている。

| 2013年10月9日 | MUSIC LINEUP_2013 |

THE KEYS

THEKEYS
 
 
 
神戸出身のバンド。現在は東京に拠点を移し活動中。
2007年に、ライヴハウス限定販売の3曲入りのデモ音源を製作し、
神戸を拠点に本格的なライヴ活動を始動する。
自主制作盤として1stミニアルバム:Keys To The World(2008年)を制作。
2009年、トリプルA面シングル:Four Standing
2010年初の全編日本語詞:Sweet Escape E.P.を発表。
2010年12月、Niw! Recordsより過去三作の編集ベスト盤:Remember The Minutes
をタワーレコード限定リリース。
また、同月リリースされたNIW! Recordsのクリスマスコンピレーションアルバム
「We Wish You A Happy」に楽曲を提供する。
翌年、6月、Traffic Light との
7inchスプリットシングル「Miss The Train/Here Today」発表。
2011年ドラムにつなかわが加入し、現在の三人体制になる。
2012年5月、デザイナー・DJとして活動する関山雄太と共に、
東京を背景にアコースティック演奏動画を配信する
新プロジェクト”TOKYO ACOUSTIC SESSION”を始動させる。
2012年7月、Fuji Rock Festival 2012 Rookie A Go Goに出演。
2012年11月、thatta・Christopher Allan Diadoraとともに、
スプリットCD:Party Talk Affairをリリース。
自主企画”Two Hands”、”TOKYO ACOUSTIC SESSION LIVE”を不定期で開催中。
 
 
オフィシャルサイト:http://thekeys.jp/

| 2013年10月9日 | MUSIC LINEUP_2013 |

Keishi Tanaka

KeishiTanaka
 
 
 
Riddim Saunter解散後、SSWとして活動をスタート。
2012年4月11日、ソングブック”夜の終わり”を発売し、
2013年1月23日には1stフルアルバム”Fill”を発売。
一人での弾き語りやバンドセットでのライブを中心に、
様々な形態でライブを行い、場所や聴く人を限定しないスタイルで活動中。
また、ソングブックや絵本の販売、幼稚園でのライブなど、
今までになかった活動も注目を集めている。
2013年4月から、”ROOMS”という自主企画を全国で開催。
また、2011年に結成されたTHE DEKITSのメンバーでもある。
 
 
 
オフィシャルサイト:http://keishitanaka.com/

| 2013年10月9日 | MUSIC LINEUP_2013 |

MASH

mash
 
 
 
2006 年11 月ミニアルバム「情熱のばか」でソロデビュー。
さらに2007 年8 月リリースのミニ・アルバム「天然音源」で
メジャーデビューを果たす。
以降、USEN チャートを賑わした「稲穂」「僕がいた」
「夢追いの地図をひろげて」やアニメのテーマソングに
「Boys~ 光り輝く明日へ~」が起用されるなど精力的に楽曲をリリース。
全国のFM ラジオ局やCDショップから絶賛の声があがる。
現在までに、フルアルバム4 枚をリリースするとともに、
数々のライブやロックフェス等への参加も
積極的に行い多方面からの支持を得る。
自他共に認めるライブアーティストであり、ときにPA を全部切リ、
自声だけで歌うこともある熱いパフォーマンスは必見。
 
 
オフィシャルサイト:http://mashhour.jp/

| 2013年10月9日 | MUSIC LINEUP_2013 |

Return to Top ▲Return to Top ▲